上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 世界初の妖怪番組、遂に登場!
 誰もが妖怪を信じていた頃、今より平和な時代があった。
 しかし、時が流れ、河童の住むような澄んだ川がなくなり、深山が消え、
 そして心ない人間が増えたせいか忘れ去られる妖怪。
 しかし、多くの人々はまだ見ぬ妖怪に特別な思い入れを持っている。
 当番組ではその妖怪の魅力に迫り、失われた時代や、ふるさとの良さを
 伝え、現代人が忘れていた世界の扉を開けていく。
 『愛すべき妖怪の姿』がきっと浮かび上がる!
誰もが妖怪を信じていた頃が今よりも平和な時代だったかど~かはさておき
この番組とても観たいです。

■第一夜  4/11(月)20:40~21:00
『河童と水辺の妖怪たち』

一口に河童と言ってもその種類は様々。
全国各地に伝わる河童とその仲間たちの伝説や伝承、さらに、古来より水辺に住む、その他の妖怪たちを併せ一挙に紹介する。

右の絵といい、全体に漂うトホホ感がなんとも言えずステキですねぇ(*´ρ`*)
やっぱ、荒俣宏とか出ちゃうのかしら??

妖怪好きの皆さん、どぉ~です?ソソラレルでしょ??

なのに、これフジテレビ721オンリーの番組なんですって…
地上波でやってくれよぉ、真夜中でいいからさぁ(;_;)

妖怪倶楽部 番組オフィシャルサイト

番組をご覧の方に毎月抽選で、全国の妖怪スポットの情報満載
角川書店発行『妖怪ウォーカー』を10名様にプレゼント!
さっそく応募しておきました♪
でも…
妖怪ウォーカー』はAmazonでも買えるみたいですから
あんまり興味のない人は応募しないで下さいね?
当選確率が下がるとイヤなので(笑)






あ、久しぶりの妖怪ネタですね、待ってました。
えー応募は遠慮しますわ。(笑
【2005/04/09 10:53】 URL | volnay007 #79D/WHSg[ 編集]
この河童、京都の黄桜カッパカントリーのカッパ資料館で見ましたよ。
京都においでの際は立ち寄ってみたらいいかも・・・カッパ好きなら。
(確かミイラの写真もあったはず)
カッパより黄桜のCMが歴代でかかっていて頭から離れませんよ。
かっぱっぱ~かっぱっぱ~
【2005/04/09 12:50】 URL | nyangroove #79D/WHSg[ 編集]
volnay007さん
お待たせしたました、妖怪ネタです♪
ぃゃぃゃ、興味ないのにテキトーに応募して欲しくなかっただけでなので
妖怪好きの方はガンガン応募しちゃって下さい(笑)
nyangrooveさん
懐かしい!かっぱっぱ~飲んじゃった~ちょ~っとイイ気持ち~♪
あのセクシーな河童は何処に行っちゃったんでしょう(笑)
それにしても、『黄桜カッパカントリーのカッパ資料館』とはまたコアなところに…
そこまで河童好きでもないですが機会があれば寄ってみたいと思います♪
【2005/04/10 02:41】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]
お久しぶりです。
いいですねこの河童の画像なんか
気持ち悪いというよりただ単に間抜けな感じが
うけましたよ。
【2005/04/12 01:26】 URL | MXFX #79D/WHSg[ 編集]
MXFXさん
おひさしぶりで~す。
でしょ、でしょ♪このトホホ感いいでしょ♪
京都の黄桜カッパカントリーのカッパ資料館にいるらしいので
MXFXさんも京都に行かれた際は是非。
【2005/04/12 02:04】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]
おひさしぶりです~。kenkoです。
くそう。妖怪walker。おもしろそうじゃねえか・・・。
お。応募しちゃいました・・・。
【2005/04/15 10:00】 URL | kenko012 #79D/WHSg[ 編集]
kenkoさん
おひさしぶりで~す♪
ビミョーで面白そうですよねぇ(笑)
当ったらどんな内容かレポして下さいね♪♪
【2005/04/15 19:41】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


現存する妖怪に関する和本をもとに、とっても魅力的で愛らしい(怖い?)姿を綺麗な写真(印刷)で紹介していく一冊。お手本となる作品をもとにして、たくさんの模写とか習作が作られたいたそうです。それが右ページ(化物づくし)と左ページ(百怪図巻)で対比されている点. 叡智の禁書図書館【2005/04/10 01:30】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 who cares?, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。