上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




DISCASの不手際のせいで今月もやめられなかったぜ…

アイデンティティー

原題 : IDENTITY (2003・米)
監督 : ジェームズ・マンゴールド
製作 : キャシー・コンラッド
脚本 : マイケル・クーニー
出演 : ジョン・キューザック レイ・リオッタ レベッカ・デモーネイ アマンダ・ピート ジョン・ホークス

“17歳のカルテ”のジェームズ・マンゴールド監督による、サイコ・ミステリー(?)
大雨で閉ざされたモーテルに、行き場を失った11人の男女が居合わせる。そこで起こる
連続殺人。生存者たちは疑心暗鬼になりながらも、自分たちに奇妙な「共通点」がある
ことに気づく。それは偶然ではなく、誰かの企みなのか? 予想もできない結末が彼らを
待っていた…。

一見、地味ですが、オチは「そうくるか!」の一言でした。
オチが重要なので出来るだけバレないように書きたいと思います♪

序盤は、けっこ~アリガチなサスペンス・スリラー
それが徐々にオカシナ方向に転がり始め、終いにゃオカルトチックにまで…
こんだけ話ふくらめて、収拾付くのかよ…??と不安になるぐらいだったのに
後半の謎解きで強引に納得させられてしまいました。
「映画では、こういう場合、みんなに共通点があるもんだ。」
なんて陳腐なB級ホラー臭いセリフも、アレなら仕方ないかな…と。
純粋にミステリーの謎解きが好きな方には、ちょっと不満が残るかもしれませんが
私は、こ~ゆ~『アイディアで勝負!』な脚本の映画は好きです♪
難点は、ちょっとオチ、ってか犯人が早く解りすぎるところかなぁ…

最後に、すっごく気になることが1つ…
あの娼婦のお姉ちゃんはホントにお仕事してらしたんでしょうか??
『趣味は説明できない。』と申しますが…そりゃ、目も泳いじゃうって(違)

テーマ:拾い物の映画 - ジャンル:映画






この映画のラストはほんとしてやられたって感じでしたね。
ジョン・キューザックってけっこう好きな俳優だったりします。
【2005/10/09 13:01】 URL | Kurt. #79D/WHSg[ 編集]
■Kurtさん
この手法なら何でもアリになっちゃうじゃないか!って怒ってる人もいましたが
アイディア勝負で面白いですよね(笑) この久作はなかなかステキでしたし♪
【2005/10/10 04:54】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 who cares?, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。