上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この街では、愛さえも闘い だそうですよ。

シン・シティ

監督 : フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ
原作 : フランク・ミラー
脚本 : ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
出演 : ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、ジェシカ・アルバ、ベニチオ・デル・トロ

『罪の街=シン・シティ』で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター
総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり
ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に
再現。また、タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加。

ロド&タラ好きのyukizoはかなり前から注目していたのですが
あんまりストーリーがおもしろくない…という噂を聞いたので
過度な期待はせず『所詮はアメコミ!』の精神で行ってまいりました(。-_-。 )

モノクロの一部に色を付けた凝りに凝った映像はめちゃクール!
船頭がヲタ3人なもんだからだから、もぉ~大変です(笑)
ストーリーはおもしろいおもしろくないつ~より、直球にアメコミでした。
確かに、ロバート・ロドリゲスのやり過ぎで笑ってしまう脚本を期待したら
一味足りないくて、ちょっとガッカリだったかもしれませんが
私的にはノリと小ネタでけっこ~笑えましたよ♪
足のむくんだデヴォン青木が無表情に卍投げた~!手首落ちた~!とか(笑)

男はマッチョで女はセクシーなシン・シティ…
この豪華キャストの中で私的にヒットだったのは、ミッキー・ロークとイライジャ・ウッド。

ミッキー・ローク演じる顔の悪いマッチョな大男マーヴが
「こんな顔だから女には縁がなかった」って言うたび
もぉ∵ゞ(´ε`@)ブッ!!ってなりそうになりました…
モチロン、「セクシー俳優がなに言ってるんだ!」ではなく
「確かに、お直ししすぎのアンタの顔は怖い!」と(笑)
ヒョウ柄パンツの猫パンチのオジさんだったはずが
もぉ~誰だかわかんないよなぁ~
でも、未だにモテ過ぎてイギリスに移住とか言ってるし…
まだモテるたぁ~大したもんだ。よくわからんが頑張れ(笑)

イライジャ・ウッドの役は詳しく書くと面白くないので、一言だけ…
彼は、もう気持ちの悪いハリー・ポッターにしか見えません。
あの動きも爪も魔法であ~なってるなら納得だわ。
ハリーったら、ホグワーツ逃げ出してあんなことしてたのね…ちょっと見直したぜ♪

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画






うわw、ミッキー・ローク様のご尊顔が・・・。
〈 バッファロー・66 〉出演時の顔を必死で思い出そうとしていた矢先でありました。
昔は、カッコ良かったんだぞ。今は失敗した宍戸錠だ。
【2005/10/11 21:59】 URL | forestsea #79D/WHSg[ 編集]
ここまで崩れるとSFXなしで楽でいいよね、ミッキー。
イライジャは人形くさくてSFXいらないしさ。深夜の番組でタラちゃんの奥さんが出てたんだけどやりくり上手っぽかった。さすが。。。って感じ。
【2005/10/11 22:30】 URL | sonicDM #79D/WHSg[ 編集]
おはおは。昔「ジョニーハンサム」って映画があったでしょー。
今なら、ホントSFXらずと、しみじみしてしまいました(笑)
昔は、案外好きだったりしたんですけどねぇ。
ものすごい太ったチワワをいつも抱っこしてるのが、なんか奇妙で
笑っちゃいまする・・・。
【2005/10/12 09:21】 URL | ruby #79D/WHSg[ 編集]
どーしてもミッキー(マウスじゃないよ)の顔が思い出せかったくらいの
変貌ぶりに笑ったw
色彩良い感じだよね^^
万人向きの映画ではないけどw
見に行った時、劇場には18人でしたw
【2005/10/12 19:40】 URL | kick5150 #79D/WHSg[ 編集]
■forestseaさん
多分、この写真は今年の整形直後の物だと思われます…
“バッファロー’66”んときの方がまだマトモなお顔でしたよね(’∀’;)
明らかに失敗なのに未だにモテモテだとか…なんかスゴイですよねぇ(笑)
■sonicDMさん
ミッキーさん、この顔になのにこの役を平気で演じてるところに
ちょっと惚れかけました(。-_-。 ) …もしや?彼は自己認識が甘いだけ?
イライジャはホビットのイメージを払拭したかったんですかねぇ…
ホビットからハリポタになっただけな気もしますが(笑)
■rubyさん
こんこん。あはは、そいや~それも整形野郎のお話ですよね(笑)
でも、今だと逆にSFXが必要じゃないですか…整形後のマトモな顔用に。
チワワ抱いてる写真見たことあります!
常に連れてるらしいですよねぇ~。パリスみたい(笑)
■kick5150さん
特殊メイク取っても誰だかわからないなんてスゴ過ぎですよね♪
確かに、万人ウケはしないでしょうねぇ(^_^;)
いろんなレビュー読んでもかなり賛否両論のようでしたもん…
あ、私もレイトショーだったんでそんぐらいの人数でしたよん。
【2005/10/13 18:39】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]
やっと観てきたのでトラバさせてもらいました!
想像以上に面白かったー。この映画を楽しめるかどうかはフロム・ダスク・ティル・ドーンを観て面白いと思える感性をもっているかどうかだね。ロドリゲス&タラちゃん色全開。
【2005/10/20 23:33】 URL | kyo #79D/WHSg[ 編集]
■kyoちゃん
トラバありがと~♪
私も期待しないようにして行ったのに、かなり楽しめました。
他のロド物タラ物と比べたら、ストーリー的にはちっと物足りないかもだけど
その辺は映像と小ネタでカバーってことで?
つ~か、“フロム・ダスク・ティル・ドーン”は最高だよな(笑)
【2005/10/21 02:46】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


SIN CITYSTORY:愛など消滅し犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。救いなどなかったはずのシティで、その夜、3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。屈強な肉体と醜い傷跡のせいで、プロの女も近づこうとしない前科者マーヴ(ミッキーローク)に愛をくれ The Deer In Me【2005/10/20 23:08】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 who cares?, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。