上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




伝説の、Cたろうさんのトラウマ映画をついに鑑賞。
それにしても、このジャケ写何とも言えずステキね(笑)

マタンゴ

原題 : マタンゴ (1963年・日)
監督 : 本多猪四郎
原作 : ウィリアム・ホープ・ホジスン
脚本 : 木村武
出演 : 久保明、土屋嘉男、小泉博、太刀川寛、佐原健二

ウィリアム・ホープ・ホジスンのホラー小説「闇の声」を脚色した恐怖映画。
7人の若者を乗せたヨットが、嵐のため無人島に漂着した。その島を探索した結果、彼らより先に、一艘の難破船が漂着していたことが判明する。だが乗員の姿はどこにもなく、ただあたりは奇妙な形状のキノコが群生しているのみだった。やがて食料の残りが少なくなり、彼らは恐る恐るそのキノコを食し始める。そしてそのキノコを口にした者は、人間の姿を失い、奇怪なキノコ・マタンゴへと変身していくのだった……。

子供のトラウマになるほど怖い映画だ!と聞いていたのですが、
ぶっちゃけ、キノコはそんなに怖くも気持ち悪くもなかったです。
それよりは、極限状態に追い込まれた人間のエゴとかドロドロした本性って方が
よっぽど気持ち悪かったかな。まぁ、それもそこまでエグくはなかったけど(笑)

それにしても、なんで彼らはあんなに生活力がないんでしょうね…
キレイな水も十分確保出来て、とりあえず安全な居住空間と調理器具も揃ってたら
普通、かなりの期間サバイバル出来るでしょ?
食料は、海で釣りをするなり、砂浜掘って貝を採るなり、岩場で蟹採るなり…
山に入れば、いくらでも食える植物が生えてるはず…キノコ以外にも。
それを、缶詰に頼ってろくに食料集めに行かないなんて…
そもそも、ヨットと浜を行き来するなら、とりあえずイカダ組めよ!
せっかく見付けた銃の弾を無駄に使うな!
船長さんを酔い潰すな!無人島で2人きりだぞ、もったいな過ぎ!(あ、コレ違う映画だw)
「お前ら、本気で生き延びる気はあるのかー!」と
極限状態に強く災害時には妙に役立つyukizoさんはイライラして観ておりました(笑)

1つど~しても腑に落ちないことが…
何故マタンゴになってしまった人はゾンビみたく襲ってくるのでしょう??
麻薬みたいな効果があって、マタンゴがあればイイ。ってなってるなら
昔の仲間なんてどぉ~でもいいんじゃないの??襲ってもメリットはないし…
ちなみに、マタンゴを食べると女のメイクは濃くなるようです。
これからは、必要以上にメイクの濃い人がいたら「マタンゴ食べた?」と聞いてみましょう。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画






放送禁止映像な予感な作品だなw
ってかこんなの借りるなんてマニアだw
【2005/11/24 19:42】 URL | kick5150 #79D/WHSg[ 編集]
これは。。
大好きな映画デス。(爆
【2005/11/24 21:17】 URL | volnay007 #79D/WHSg[ 編集]
■kick5150さん
放送禁止ってほどのエグいシーン全くはなかったですよぉ~
ただ、子供が観るとトラウマになるそ~です(笑)
kickさんにマニアだなんて言っていただけるなんて!
アリガトウゴザイマス(。-_-。 )テレテレ
■volnay007さん
マタンゴになっちゃった人がココにも!?(ぇ?違う?)
無人島に流されるなら、『キノコ』より『フラフラ船長さん&ラム酒』と一緒がイイ!と
ワタクシはこの映画を観て再確認いたしました(笑)
【2005/11/25 04:11】 URL | yukizo_m #79D/WHSg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 who cares?, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。