上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




1insedeman.jpg

原題 : Inside Man (2006年・米)
監督 : スパイク・リー
製作 : ブライアン・グレイザー
製作総指揮 : ダニエル・M・ローゼンバーグ、ジョン・キリク、カレン・ケーラ・シャーウッド、キム・ロス、
脚本 : ラッセル・ジェウィルス、ドナ・バーウィック
出演 : デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジョフォー
解説 :
銀行強盗グループと事件解決に向けて奔走する捜査官、そして現場に駆けつけた女性交渉人らの心理戦を描いたサスペンス。監督は『25時』のスパイク・リーが務め、監督とは『マルコムX』以来2度目のタッグを組んだデンゼル・ワシントンが主人公の捜査官にふんする。銀行強盗をクライブ・オーウェン、交渉人をジョディ・フォスターが演じ、ハリウッドを代表する演技派たち豪華キャストの手に汗握る演技合戦が見どころ。(FLiX)

映画館のメンバーズカードのポイントが失効しそうだったので、大急ぎで観てきました!
ダ・ヴィンチ・コード』と『ナイロビの蜂』と迷いつつ、妙に評判のよかったコッチに決定。

評判通り面白かったですよ~♪
社会派監督のスパク・リーだからこそ撮れた、エンターテイメント・ムービーって感じで…
でも、もっとシリアスにドンパチやるのかと思いきや、テンポもよく湾岸署的笑いもチラホラ。
もちろん、湾岸署よりはずっと社会風刺な笑いではあるんですけどね(笑)
テンポでも、豪華キャストの演技合戦でも、練られた脚本でも飽きさせない
スタイリッシュで面白い『エンターテイメント・クライム・ムービー』でした。…ラスト前までは。
これからご覧になる方は、『衝撃のラスト』には期待しないようにして下さいねd(゚ー゚ ;)
毒のあるサスペンスを期待しないのが楽しむコツだと思われます(笑)


以下、ほんのちょっぴりネタバレあり。

なんて言っても、予告の「衝撃のラスト この謎を見破れるか?」はあまりにも大袈裟過ぎ!
最初のクライヴ・オーウェンの語りとタイトルでどうなるかは検討つくでしょ?
だから当然、もう一波乱あると思ったのに、毒もアクもなくサクっと尻つぼみに終了…
なんかモッタイナイ。
あんだけのキャスト揃えて、途中まで…ラストの手前まであんなに面白かったのに(涙)
まぁ~それをさし引いてもよく出来た面白い映画でしたけどね。クライヴ・オーウェン素敵だったし。

いゃぁ、前からクライヴ・オーウェンわりと好きだったんですが、今回かなりヤられました。


知的で超然とした犯人グループのリーダー…しかも、ツナギ姿がなんだか妙にセクシー♡

あんな犯人になら人質に取られたい。ぃゃ、どっちかって~と、がっつり仲間になって
Everybody get down on the fucking floor now!」って言いたい。
家帰ってから思わず、BMW FilmsのDVD観ちゃいましたよ。
でも、今より若くてイマイチピンと来ませんでした。さすが、オヤジ好きyukizo!(笑)
そぉ言えば、予約してる『シン・シティ』がもぉ~すぐ届くはず。早く観たぞー!!

インサイドマン(公式サイト)

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画






今日みてきた。ナイロビの蜂終わってたから・・・
よかったよ!
ブラックな感じが好みどす~v-10
【2006/06/24 21:40】 URL | 大塩 #-[ 編集]
■平ちゃん
ぉぉ♪観てきたのか♪
ラストもう一ひねりあるのかと思ってちょっと肩透かし食らった気分だったけど
全体にはよく出来た面白い映画だよね(ΦωΦ)v
私はひたすらクライヴ・オーウェンにヤられました。確かに、濃いけど…そこがまたセクシー(笑)
【2006/06/24 23:15】 URL | yukizo #92CBdlqY[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


『Inside Man』「インサイド・マン」?〔About The Movie〕 完全犯罪を目論む犯人と捜査官、交渉人の心理戦を描いたサスペンス。? 主演は「トレーニング・デイ」や「タイタンズを忘れない」、「マルコムX」のデンゼル・ワシントン。共演は「シン・シティ」 Rusty's Cinema Complex【2006/06/26 08:51】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 who cares?, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。