上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




stonesour.jpg

怒涛のライブ週間(?)一発目、5月21日Stone Sourに行ってきました!
場所は心斎橋CLUB QUATTRO。

ライブ前でもいつも誰かを待たせてしまう、遅刻大魔王yukizoさん
何故か1人だと普通に早めに着ける・・・つ~か、時間が余ってしまうんですよねぇ。謎だわ(笑)

23・24日にNINというyukizo的メインイベントが控えていたので、今日は出来るだけ暴れない方向で行こうと、あえて鞄はロッカーに預けずとりあえずビール!ビール!ビール!

オープニングアクトはWalls Of Jericho。
いやぁ、Voのおねえさんのデスヴォイスはかなりオトコマエっすね(笑)
かなり盛り上がってました。

しばらくして、ヨーロッパの『final countdown』と共にStone Sour登場。
つ~か、バーカウンターでもガラと頭の悪そうな方々が数名いらっしゃったので嫌~な予感はしてたんですが、案の定、客層悪い悪い(笑)
まぁ~んなとこに一人で来てるワタクシもそのエレメントの一人なのかもですがね(。-_-。 )
とりあえず、なにかFワードを言いたいらしくてすっごい嬉しそうに「ファックオフ!コリー!」などど叫んでらっしゃいましたが、本当に意味わかって言ってるのか?これだから『ゆとり教育』は。。。
もぉ~コリーがアコギで『Wicked Game』をやり出したときとか、「オレがら聴きたいのはこんな曲じゃないよな?」「なー!」と大声で。いや、その言い方はある意味可愛かったけどね(笑)
確かに、お姉さんもコリーに「I don't want to fall in love with you!」と言われもなぁ。。。
って気もしないでもなかったしね(爆)

さて、そのコリーですが、yukizoさんが思ってたよりゼンゼンCUTEでした!
(見逃した)去年のサマソニんときよりゼンゼン引き締まってたし!ぶっちゃけ、もっと肉が付いててキモメタル野郎だと思ってたんですけど、いつの間にか坊主マッチョになってて笑顔も妙にCUTE!
なんか非常に意外でした(笑)

歌も演奏ももろん上手いし、客イジリも例の日本語もオモロくてyukizo的にはけっこ~楽しめましたよんd(゚ー゚ *) 暴れないつもりだったのに、コリーの煽りに負けて思いっきりヘッドバングしてたらしく、翌日は首だけが筋肉痛でした・・・やれやれ


30/30-150
Come What(ever) May
Take a Number
Made of Scars (performed twice in Philadelphia),
Reborn
Inhale
Your God
Monolith
Sillyworld
Wicked Game
Bother
Sweet Home Alabama
Through Glass
Blotter
Tumult

En

Hell & Consequences,
Get Inside



Stone Sour - Through Glass
少なくとも、このPVんときよりはすっきりしててCUTEだったよ(笑)

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 who cares?, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。